四方森ブログ

このサイトでは、「森の健康診断」活動での様々な情報を配信します。
四方山ならぬ四方森ばなしに花を咲かせましょう!
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 思わぬところで「森の健康診断」披露(1) | main | 三重中学校で蔵治先生の特別授業が行われました。 >>

思わぬところで「森の健康診断」披露(2)

「森の名手・名人フォーラム」2日目の10月12日、夕食時後半に主催者の方が「名手・名人の他に色々な人に来ていただいているので代表して何人かに自己紹介いただきます。」とのことで指名されました。
 そこで矢作川水系森林ボランティア協議会のことを簡単に話し、特に「森の健康診断」のことを強調して話しました。話が長くなるので、「興味のある方にはお話とリーフなどがあるので、別室で」と切り上げ、隣の部屋へ。 7,8人の方が来て下さったので、森健リーフやweb-gisのリーフ、子どもの森健調査手帳、報告書、書籍などを広げ、店開き。天然林と紅葉
 皆さん、熱心に聞いてくださり、とても嬉しいことでした。本2冊、第3回の報告書2冊を買っていただきました。
 驚いたのはその後でした。一人の男の子が「ぼく、自分で道具を揃え、調査してみたんです。」という。スゴ〜イ!びっくりしてさらに聞けば、彼は高校2年生、「学校の課題でレポートを書かなくてはいけないので、環境問題をあれこれインターネットで調べていて「森の健康診断」のホームページに出会いました。そこで調査マニュアルをダウンロードし、グッヅも大体揃えました。直径巻尺はないので、円周を測って...。傾斜角度計は、お店で見つからなかった。」など等。
 さらに「夏休みに8箇所調査してあるので、あと2箇所やる予定です。」と言う。 ウーン!スゴイ!スゴイ!
 コンベックスを使っての樹高測定がよく分からないと言うので、やって見せ、矢作川方式の「尺蔵君」の原理の載っている第3回報告書を思わずサービスしちゃいました。
 最後に「森の健康診断の事を聞けて、無茶嬉しい!このフォーラムに来た甲斐がありました。」と言う。何とニクイ子だろう!
 (僕らにとっては、この「森の健康診断」HPを立ち上げた甲斐があった、というものです。ネッ、イカさん!)
 その内きっとデータをアップしてくれますよ。またチャンスがあったら、愛知へ呼びましょう。
森紀行 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする