四方森ブログ

このサイトでは、「森の健康診断」活動での様々な情報を配信します。
四方山ならぬ四方森ばなしに花を咲かせましょう!
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 恵那市立長島小学校2017森の健康診断(2組) | main | 松本市会田中の裏山で、出前 (2018/5/26) >>

森の健康診断出前隊IN不二聖心女子学院 2018/5/16

 ここでの活動は、毎年(2009年から・・たぶん)行われています。高校1年生の総合学習で森の健康診断とその調査に元づく伐採体験(秋)です。梅組、さくら組、午前午後に分かれ6班づつ(各班6−7名)。内容は森の体感(1分間の瞑想)林分調査(植栽木ヒノキの直径と樹高)できればば植生調査(植物の種類数現地の状況など)をします。

 場所は、富士山が見える裾野の広大な学院内の森。生徒は校舎から歩いて5分で来ます。「森の中に入ったことある?」・・「オリエンテーリングで登ったよ。あとはない・・」と。やはり高校生は最近の山などのあまり興味がない様子。そこで、1本間の瞑想。「鳥の声が聞こえた。風が気持ちよかった・・」気持ちよさそう。「足元を蛇が通ったのわからなかった・・」と聞くと、ぎゃ〜〜どこどこと大騒ぎ・・「うそだよ〜〜」なん〜だと森になじんでいきました。

 事前に前日スタッフが用意した100屬離咼法璽詆海念呂辰芯敢挫呂箸修涼罎任裡毅悪屬諒形枠が対象地です。そこで科学的な調査。3〜4人でヒノキを1本づつ直径と本数を図ります。そして、樹高。少し高いところに登り、木に張り付けた4m竿を基準に何倍あるか何回も確認します。時間のあるところは、植物種類や穴をほり地面のなかも観察しました。そして、診断の結果を出します。少し過密が7割です。間伐などで光を入れ、山を元気にするよう、秋の伐採体験で改善が望まれます。

 まとめでは、「自分の家の近くの山も診断してみよう」と声が聴かれました。少し山が近くなったようです。この総合学習では、シイタケの菌打ちもしたそうで、自然とのかかわりをよりひろげてもらえるとよいですね。

<<写真集>>

  

 リーダーの皆さん   モリケン体操 まず種になる  かいさんの指導で

  

 ストレッチ体操     全員でphoto      佐野さんチーム

  

鵜野チーム 森の様子を見る  西川チーム 胸高直径測定  かいさんチーム 直径測定

  

 キトワンチーム       小山チーム       樹高測定

  

 結果データ報告      森の天井の様子   混み具合早見表で判定

 

<<出前隊 実施記録>>

スタッフ・・鈴木、小山、飼沼、鵜野、佐野、鬼頭、西川
準備・・前日5.15に下見 現場6班×2分確定  方形枠等設置
当日・・16日(水) 11時前後 2時前後 
案内、体操など10分 調査50分調査 まとめ10分
宿泊・・女子学園(山の家)

学校で森の健康診断 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする