四方森ブログ

このサイトでは、「森の健康診断」活動での様々な情報を配信します。
四方山ならぬ四方森ばなしに花を咲かせましょう!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 海上の森で森健(2016.10.16) | main | 岡崎市立下山小で、今年最後の学校森健(11/2) >>

子ども森健 出前授業 長島小学校part

10/11に引き続いて、2回目の出前授業です。

私は、前回初めてサブリーダーにつかせていただき、24日はリーダーデビューを果たしました。

このBlogも初投稿の、椙山です。

10/11の記事はこちら⇒ http://yomoyama.mori-gis.org/?eid=178

うまく伝わるかな。ドキドキしながらの説明ですが、子どもたちが集中して聞いてくれました。

このあと、1本1本の木の根元に散らばってもらって、目を閉じてもらい、「森を感じ」てもらいました。

調査するエリアを定め、ロープで枠を作っています。地層の調査や、植生の調査をするための準備です。

地表に生えていた草・木を集めてもらい、種類を数えます。

ちょっと少ないですね〜

調査を一通り終えた後は、木の高さを推測してもらい、実際に切り倒して確かめます。一生懸命ノコギリを引いているところです。

うんしょ、うんしょ

このあと、みんなで木にかけたロープを握り、掛け声とともに何度も引きました。そして、ズシーンという大きな地響きとともに、みごと倒しました。

よくやったー

恵那市内を流れる永田川の源流も見に行きました。巨木が何本も倒れ、根っこが背丈より高くむき出しになっているので、土の下を想像するのに絶好のスポットです。ちょろちょろ浸みだした水が、ここから永田川〜阿木川〜木曽川〜伊勢湾へと流れていくんですね〜

たった一日でしたが、山や木のことを身近に感じてくれたらうれしいです。森の仕組みを学んでもらう取り組みですが、調査をするなかで、子どもたちが声をかけあったり、じゃれあったり、倒木を華麗なステップで乗り越えたり、一生懸命考えて自分の意見を話したりと、そんな姿を見られたのも、うれしかったです。

写真撮影や、サポートしていただいた先輩リーダー“ドラゴンヘッド”さんありがとうございました。

出前講座は奥が深いな〜と感じた椙山でした。

こどもの森の健康診断 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする