四方森ブログ

このサイトでは、「森の健康診断」活動での様々な情報を配信します。
四方山ならぬ四方森ばなしに花を咲かせましょう!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 恵那市三郷の森の健康診断 | main | 不二聖心学院 森の健康診断授業パート供粉嵌佳慮魁 >>

三重中学校創作科学部・三重高等学校科学技術部 「森の健康診断」

8月22日 東京大学生態水文学研究所(愛知演習林・瀬戸市赤津)に三重中学校創作科学部・三重高等学校科学技術部の28名の生徒さんと2名の生徒さんを迎え、我々矢 森協のメンバーは 昼食後から5時過ぎまで演習林で中高生とともに森の健康診断と伐採体験で汗を流しました。

中高生は三重県松坂からバスで午前11時に演習林に到着、休む間もなく東京大学蔵治先生の講義を真剣なまなざしで 受け、演習林の歴史や人工林の現状や間伐の必要なことについて学びました。そして昼食でちょっとだけ息抜きをして午後1時から我々とともに森へ入 りました。

5班編成のグループは中高混合で5〜6名の構成でした。高校生の中には以前に学校で森の健康診断を体験していて、 今回はリーダーとして活躍してくれる生徒さんもいました。私のかかわった1班には28人で紅二点の女子が二人ともいて頑張ってくれまし た。

矢森協からは丹羽さん 稲垣さん 鈴木さん 佐野さん 足立さん 私(飼沼)が森の健康診断のリーダーを担当しま した。

1 高校生がリーダーを
  

2 釣竿を使って区域内の本数など調査と調査のまとめ
 

3 間伐体験
  

4 もうちょっとで倒れる
 

5 体験の感想を発表        6 生徒代表 お礼のあいさつ
 


7 体験を終えての記念写真     8 翌日のはげ山ハイク

 

 活動を終えての感想では 森の健康診断の結果より汗を流してみんなで伐倒したことのインパクトの強さが・・・  。中には文化部に入ったはずなのに こんなにへとへとになることがあろうとはの発言もありました。また矢森協のメンバーにもこの暑さの中、お昼ご 飯を抜きにして腹ペコ状態で倒れそうになりながら中高生と最後まで活動した人がいたことをお知らせしておきます。(私ではありませ ん)

 三重中高生は夕食後も講義があり、翌日は演習林の中を歩き、水の流れやはげ山の見学などハードなスケジュールをこなしたそうで す。

         矢森協 蒼の森所属  飼沼(かいぬま)

学校で森の健康診断 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする