四方森ブログ

このサイトでは、「森の健康診断」活動での様々な情報を配信します。
四方山ならぬ四方森ばなしに花を咲かせましょう!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

塩尻・こども自然学校で(2019/8/7)

 

「ヒノキのいいにおい!」

「おふろで、ヒノキのにおい かいだ(ことがある)。木曽のじいちゃんがくれた」

 小学1年生の声である。

 

8月7日は塩尻市にある長野県林業総合センター敷地内で、市役所主催の"こども自然学校"の参加者に森健を行う。参加者は、小1が4人・小3と小4が計4人・大人が6人の総勢14人。
 午前中は「小1組」「小3・4組」「大人組」に分かれ、森健調査を行う。私は加納さんとともに「小1組」を担当する。

 

 

    序盤の紙芝居では3年生が「人工林」と答えるなど、いい反応があった。
 "森健体操"では日丸さんの軽妙な口調や動きに、ニコニコ顔で取り組む大人・子どもたちだった。
 100屬離董璽彳發1年生4人を連れてくると、地面を歩き回っている虫に目が留まる。追いかけて掴んでうれしそう。
 テープ内には先週末に大人たちが伐倒したヒノキの倒木がある。その切り株に顔を近づけさせると、「ヒノキのいいにおい!」と、冒頭の声である。さすがは山近くに住む、塩尻の子どもたちだ。

 A【森を感じる】で「目を閉じて、何の音が聞こえた?」との問いに、「せみ」「ブーン(という蜂の音)」「すずめ」など。

また、「周りを見て、何が見えた?」には、「葉っぱ」「アリの大群」、天井は「葉っぱと木」「太陽」など、単語での返答が1年生そのもの。

 100屬遼椰15本を確認した後、いよいよ手ノコを使っての輪切りのコースターづくりを始める。先週末の倒木の梢近くを切らせる。それでも直径は7〜8cmある。森健用の手ノコは大き目なので、加納さんの手持ちノコで伐らせるがギコチナイ。そこで、森健用の手ノコに切り替えて挑戦させた。我々が切り込みを入れたところで、1年生に切らせると、徐々に慣れてきて、木くずがどんどん落ちてくる。加納さんの誉め言葉に、ますます舞い上がる1年生たち。匂いを嗅いで、「いいにおい!!」「木って、いろいろな所に使われているよね」

 

 ポスターカラーペンを出すと、名前を書いたり、アンパンマンやポケモンなどの絵を描いている。家族4人分のコースター土産を仕上げた子もいる。

ここで、予定の12時となり昼食へ。移動中、「今日はどうして、ここに来たの?」との問いに、「川のヤツ(別の川遊びイベント)に行くのが満員で、こっちに来た。でも、おもしろかった

 

午後は、3・4年組の調査地のスギを、兄姉たちと一緒に伐倒した1年生たち。午前中に手ノコに慣れたので、うまく使っていた。

 

 掛かり木となり、最後は大人たちの力も借りて、ロープで引き倒すことができた。
樹高は22.1mで、1a当たり10本だったので、【やや混んでいる】だった。

 

 伐る前は「ちょっとしか(空が)みえない」と言ってた1年生が、伐倒後の空は「明るい」「まぶしい」

 

 終了時の感想では、大人たちから「近くに山があっても、なかなか足を踏み入れることはなく、しかも健康診断という調査を行い、貴重な体験だった」と多くの人が賞賛していた。
 森林公社の小澤さんの「今日、楽しかった人?」という問いに、子どもたちだけでなく、大人も挙手していた。

 

 お土産として、小澤さんが用意したカブトムシをペットボテル虫かごに入れて、顔を近づけ、大喜びしながら帰路につく子どもたちだった。

 

                                                                    (文責) ドラゴンヘッド(龍頭)

 

こどもの森の健康診断 | permalink | comments(0) | -

恵那市長島小学校 2017森の健康診断出前(1組)

H,29年度の森の健康診断本番が9月26日スタートした。


前週21日には事前学習が行われ、森林の種類や森のはたらきなどを学習した。その後校庭に出て手ノコを使い丸太切りの実技練習が行われた。

 

26日(火)は5年生1組が鍋山の学校林に入り6班に分かれて森の健康診断と手ノコ間伐を行った。


今年は初秋のスタートとなったため天候にも恵まれ快適な気温の中で森林を5感で感じることが出来て子供たちから思わず気持ちがいいと声が上がりました。

 

森のようすを観察しょう!では、腐食層が7〜8cm有り永田川の源流を作り出す山にふさわしくなって来たように来たように思われた。植生調査では初秋のため下層植生は15種類程と少々少なめ木の込み具合調査では100崚たり13本で結果は『混みすぎている』でした。(2班)


伐倒後の樹高測定では20.8m(2班)今日参加した6班すべてで樹高が20m以上の結果となった筆者が初めて長島小森健に参加したのは6年ほど前?? 当時の樹高測定では18m位だったと思う。
木の成長を改めて感じるとともに間伐の大切さを生徒たちと共感した出前森健の1日となりました。

  

 

森の健康診断の後半で発生したスズメバチの生徒たちへのまとわりつきには今までに経験のない恐怖と(生徒たちの安全確保)を如何にして行うか身を持って体験する結果となりました。


朝の開会式で生徒たちに安全上の注意事項を説明した内容を生徒たちが恐怖におびえながら必至に注意事項を守ってくれたことがスズメバチの攻撃を受けることなく無事に今日の森の健康診断を終えることが出来ました。


注意事項を必死に守ってくれた生徒たちに感謝すると共に今回の経験が大きな収穫になってくれればうれしいですね!
出前隊のメンバーには安全対策の大きな宿題になりました。
出前隊の皆さん夏から秋は携帯蚊取りが必須ですね。

 

2017.9.26 報告 都筑清

こどもの森の健康診断 | permalink | comments(0) | -

子どもサミット(2017/7/25〜26)、雨が止んだ中での2日間の活動

【豊田市福祉センターで】
 当日7月25日の昼前に、三重中高生16人と最後の打ち合わせをした時は、やや緊張気味で質問もなかった中高生たち。しかし、その後の2日間の活躍そしてがんばりは、驚きの連続で、他のリーダーたちからも称賛の声が多く聞かれた。

 

【豊田市・六所山で】
シト、しとっ、しと… リーダー間で打ち合わせをしていた13時半頃に小雨が降り出し、急いで現場に向かう。

間伐後5〜6年ほど経過しているのか、丸太が各所に並べられ、下草や低木がかなり繁っている。濡れた草木の間を進むと、ヤマウルシあり、ツタウルシあり、イバラあり。なかなかの難所…

 

3時過ぎに集合場所に集まり、子どもたちを乗せたバスを待つ。その頃は雨が止んでおり、予定通りに子どもたちが到着。10班を3グループに分け、それぞれで紙芝居と「安全上の注意」を実施。私は1班で、4つの班25名に行う。紙芝居の質問では一人の男子がどんどん発言して、さすが森林学習をしている子どもたちだと実感した。

 

次に、1班7人を連れて調査地へ。A【森を感じる】では、小雨の後だが、「鳥の声が聞こえた」「虫の音が聞かれた」など。B【植草調査】では草木の多さがわかったが、その理由は疑問点として残しておく。次のC【混み具合】では、1aあたりの本数は13本と確認し、樹高を目測する。

 

ここがなかなか難しく、4mの5倍が1人で、4倍が6人。そこで、再度測らせると、5倍が6人で、4.5倍が1人。それぞれの主張を認めたうえで、1班としては5倍の21mで報告する。D【混み具合】は「混み過ぎている」で、6本の伐倒が必要。

17時前で、宿舎に子どもたちを送っていく。


【三重県・大台町で】
宿泊した松阪から大台町に向かうと、車窓を徐々に雨がたたき始める。さすが、日本有数の降水量を誇る大台町。雨後に調査地を探し、準備する。調査地はスギ林で、10年以上も前に間伐されたのか、丸太はほとんどが腐っている。そして、枯れたスギの葉が地面を覆い尽くし、下草がほとんど育っていない。六所山とは大違いである。この違いを子どもたちに伝えたい。

 

バスが到着してセレモニーがあり、昼食後に調査地に向かう頃は、予定よりも30分以上の遅れ。しかし、前日の体験があるので、AとBは意外と早く進み、Cを実施。やはり目測樹高は難しく、再計測の結果、17mが5人で、1人が15m。1aあたり15本で、D「やや混んでいる」。ただ、間伐されている切株を数えさせると、計25本以上あり、「超過密」だったことはすぐにわかる。

 

ここで、前日の疑問点を説明する。陽が当たることによる下草や低木の多さで、「理想の森は4階建」の解説。その後、腐植層調べを行い、指での感触を体験させ、実測すると1〜2cm。ただ、次に中高生を巻き込んで実施したかった胸高直径調べは、タイムリミットでカット。次の現場であるサンプル伐倒地に向かう。

 

ここでは、各班の選抜隊10人が伐倒を行い、80mロープの先を50人の子どもたちが道路上で引いて倒すというもの。目標通りに倒れた瞬間には、自然と拍手がわき起こった。

 

 

 時間の制約があり、雨模様の天候だったが、活動中は雨が止んでくれ、どうにか「森健」は実施できた。全国から来た約60名の子どもたちが、「森の健康診断」という活動を心に留めて、自分たちの地元でも実現してくれたら、と淡い期待を抱いている。最後に、サブリーダーとして、小学生たちに気を遣い、活躍してくれた三重中高生に感謝、感謝。

                          (文責) ドラゴンヘッド(龍頭)

こどもの森の健康診断 | permalink | comments(0) | -

子ども森健 出前授業 長島小学校part

10/11に引き続いて、2回目の出前授業です。

私は、前回初めてサブリーダーにつかせていただき、24日はリーダーデビューを果たしました。

このBlogも初投稿の、椙山です。

10/11の記事はこちら⇒ http://yomoyama.mori-gis.org/?eid=178

うまく伝わるかな。ドキドキしながらの説明ですが、子どもたちが集中して聞いてくれました。

このあと、1本1本の木の根元に散らばってもらって、目を閉じてもらい、「森を感じ」てもらいました。

調査するエリアを定め、ロープで枠を作っています。地層の調査や、植生の調査をするための準備です。

地表に生えていた草・木を集めてもらい、種類を数えます。

ちょっと少ないですね〜

調査を一通り終えた後は、木の高さを推測してもらい、実際に切り倒して確かめます。一生懸命ノコギリを引いているところです。

うんしょ、うんしょ

このあと、みんなで木にかけたロープを握り、掛け声とともに何度も引きました。そして、ズシーンという大きな地響きとともに、みごと倒しました。

よくやったー

恵那市内を流れる永田川の源流も見に行きました。巨木が何本も倒れ、根っこが背丈より高くむき出しになっているので、土の下を想像するのに絶好のスポットです。ちょろちょろ浸みだした水が、ここから永田川〜阿木川〜木曽川〜伊勢湾へと流れていくんですね〜

たった一日でしたが、山や木のことを身近に感じてくれたらうれしいです。森の仕組みを学んでもらう取り組みですが、調査をするなかで、子どもたちが声をかけあったり、じゃれあったり、倒木を華麗なステップで乗り越えたり、一生懸命考えて自分の意見を話したりと、そんな姿を見られたのも、うれしかったです。

写真撮影や、サポートしていただいた先輩リーダー“ドラゴンヘッド”さんありがとうございました。

出前講座は奥が深いな〜と感じた椙山でした。

こどもの森の健康診断 | permalink | comments(0) | -

恵那市三郷の森の健康診断

 夏真っ盛りの8月4日朝、恵那市三郷コミュニティーに集合した地元の皆さんと初顔合わせ。
小学校1年生を最年少に中学生、高校生とそのお母さん方に加えプロの林業家、
そして地域代表の皆さんと年齢、性別も様々な顔ぶれが集まりました。
講師陣は私を含め稲垣さん福島さんそして佐藤林業さんの4人が2班に分かれ担当しました。

自己紹介のあと、30分ほど稲垣さんが座学をしてから、
子供グループと大人グループに分かれコミュニティー横の山に入り、
私と福島さんは子供グループ担当をしました。
時間も限られていたこともあり中高生には少し物足りない内容でしたが、
子供向けの森の健康診断をしてもらうことにしました。
林の中に古墳と伊勢湾台風の被害を免れた広葉樹の大木が点在する
伐倒方向が限定されたスギ、ヒノキの人工林でした。

子供達の年齢差もありすべてが満足できる診断とはなりませんでしたが、
中高生のサポートもありワイワイとにぎやかに診断をおこないました。
診断結果は”超過密”、「少し混んでいるかも」との事前の感想とは違った結果に
「えー、そんなに混んでるの!」との声が。

間伐体験では全員が交代でノコギリを使い伐倒しました、
三郷 伐採体験1

1年生の子供たちもお母さんやお兄ちゃん達の声援を受け頑張ってくれました。

三郷 伐採体験2

はじめは巧くなかったノコギリ作業もだんだん上手になり、
思ったより早く伐倒準備が終わり皆で力を合わせロープを引いて無事伐倒作業完了!
ポッカリあいた真夏の青い空に「ワー!空があいた」と歓声が上がりました。

  ( 矢作有山会  高橋幸生 )
こどもの森の健康診断 | permalink | comments(0) | -

里山ユース 子ども森の健康診断 8月3日

日時:2010/8/3(火) 
場所:足助ユースおよび椿立町地内 
参加者:名東 田中塾 13名 
     講師2名、高校塾生2名、小学塾生9名(小3-2名、小4-5名、小5-2名) 
     インストラクター 3名(きっこりん、みっちゃん、としくん) 
     合計 19名

 真夏の中での森健であり、暑くて苦労すると思っていたが足助ユースの近くの森の中であり あまり暑さを感じなかった 。  よく手入れが行われており 気持ちの良い山であった。 
              
まず始めに グランドで顔合わせを行い 車に便乗して 全員で山にはいり、森の健康診断を行った。
地表のロープを張り 土じょうの状況を調べた 。腐食層をシャベルを使って厚さを測った 根が張っており穴を掘るのが大変であった。こののち 自然に生えた木や草の調査を手分けして行った。 
 木や草の調査を手分けして行った 葉っぱ集めは好評であった。  
                
次に 各班に別れ植えた木の混み具合調査を始め 最初に中心木を決めて さおを使って範囲を決め中の木の太さを直径巻尺で測り、本数も確認した 。 平均直径を計算し 一番近い木を平均直径木に選びつりさおを使って 中心木と平均直径木の樹高測定を少し登って先端の見えるところから行った。樹高がわかったため これを使って密度管理図上に記入した 診断結果は「過密」であった倒す平均直径木にロープを掛け ユースに戻った 。

昼は足助ユースでカレーライスを食べ、エネルギーの補給を行い、午後から倒すため全員が順番に手のこで受け口を切った。
                
特に斜め切りをノコギリで行うのは 大変であったが 高校生、先生の手伝いで出来上がった。 追い口は 順調に切れ、皆でロープを引き 倒すことが出来た。 倒した木で 記念写真を撮り、よい体験になった。  
                 
空を見上げるとぽっかりと 空間が空き 少しではあるが 光が差し込むようになった。  倒してから 樹高を巻尺で実測して、午前中に測ったものを修正して判定を見直したが 判定は変わらず 「過密」状態であった。
                  
子ども森健では倒した樹の先端部を使って 肩たたき(ハンマー)やコースターを作り皮むきも体験し楽しんだ。   高校生が入っており、子どもとの橋渡し役を行ってくれ チームワークよくできた。
                    
後片付けをして ユースに戻り きっこりんの座学が 校庭隅で実施された。  
               
人工手遅れ林が集中豪雨のとき 山崩れの起点になっていることが 航空写真を使って説明され、子ども達も 森の現状がわかったと思う。                    
                    
 いつも もっと動・植物を覚えようとしているが 余り向上していないが 今回は「ザトウグモ」を教えてもらい 収穫があった。  

こじんまりとした森健であったが 全員が塾生でありチームワークがよく、先輩の高校生が手伝ってくれスムーズに終了することが出来た。        

こどもの森の健康診断 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

長良川「子どもの森の健康診断」

 11月7日に郡上市八幡町で長良川「子どもの森の健康診断」を開催されました。この健康診断は、長良川子ども協議会(柴田甫彦代表)の主催で、8月から開催されている長良川子ども交流会の今年度最後の活動として行われました。長良川の中流の岐阜市、美濃市、上流の郡上市から子どもたちが集まりました。新型インフルエンザの影響が大きく参加者は9名でしたが、地元、郡上高校の森林科学科の学生さんたちが応援に駆けつけてくれました。

 矢森協稲垣さん、鈴木さんの応援をいただき、長良川森の健康診断in郡上市実行委員会の皆さんの協力で元気よく土壌調査、植生調査、混み具合の調査、そして、間伐も行いました。
 子どもたちからは、「木を切り倒して明るくなった」、「楽しかった」などの感想が聞かれました。

最後に切り倒したスギの輪切りを作り、お土産として持ち帰りました。



矢森協の稲垣さんから人工林の話や森の健康診断のやり方の説明を受けました


木の直径を測っています

【報告:長良川子ども協議会 野村典博】
こどもの森の健康診断 | permalink | comments(0) | -

子どもの「森の健康診断」in恵那市〜その1〜


全員集合 9月9日恵那市の小学校の先陣をきって山岡小学校6年生が「森の健康診断」と間伐空開け体験をしました。
 1クラスで39名、5人のリーダーのもと、5班に別れ地元財産区の山林に入りました。財産区の森でよく手入れされているので、明るく植生が豊かです。植生調査と木の混み具合調査の「森の健康診断」はちょっと難しかったかも。
 昼食の後、伐倒準備、ロープを掛け、受け口、追い口を入れていく。受け口完成
 いざ倒す時になってもなかなか倒れてくれない。どのグループも「ワッセイ!ワッセイ!」ロープを引くがそれでも倒れない。隣のグループに応援を頼む。
 次いでドドドーン!大歓声があがる。見上げるとポッカリ大きな穴が開いて空が見えるようになっている。また大歓声!
 終わりの会で感想を言ってもらうと殆どの班から木を倒すことの感激が語られた。
こどもの森の健康診断 | permalink | comments(0) | -

のびっこ安城森林隊

今年で7年目になる「のびっこ安城森林隊」、今回は過去最高の人数で
参加いただきました。過去最高の参加者
今回印象的なのは、終わりの会で一通りの感想発表の後、発言を求めると次々に手があがり、積極的に素直な感想を語ってくれたことです。
詳しくは、のびっこ安城のHPをご覧下さい。

http://www.geocities.jp/oyakodenobikko/
<投稿が遅れゴメンナサイ>
こどもの森の健康診断 | permalink | comments(0) | -

朝日モリコロ里山学校が行われました。

8月3日、岡崎市立鳥川小学校で朝日新聞主催「朝日モリコロ里山学校〜森の健康診断と木こり体験〜」が開催されました。
矢森協は、このイベントに全面的にバックアップ。地域の人たちの協力を得ながら一緒に森の健康診断を行い、都市部からの参加者と交流しながら、森の大切さを知ってもらう機会となりました。

はじめに、鳥川小学校の児童から「ふるさとを愛し、守り育てる「鳥川ホタルの里山活動」」の発表が行われました。
ホタルの飼育、観察活動や、地域の自然を守っている様々な活動を発表してくれました。しかし、この鳥川小学校、残念なことに来年度で廃校になることが決まっているそうです。



それにしても、この日も暑かった。フ〜
こんな照りつける日差しの中にもかかわらず、なんと、モリゾー&キッコロが森の中からこどもたちに会いにやってきてました。
(さすがにこの暑さでは、ちょっと可哀想でしたが・・・)


さてさて、今回の企画は、大人の森健、そして、子どもの森健&木こり体験の2本立て。
基本的には家族で参加されている方がほとんどでしたが、大人と子どもは別々のグループへ。しばしお別れです。

大人たちは、地域サポーターを交えていつもの森健へ。途中、名水100選に選ばれた鳥川の湧水めぐりをしたグループもあったとか・・・

子ども達は、子どもの森健と間伐体験です。
健康診断で森の状況を調べたあと、健康な森にするために実際に間伐をしました。

初めてのぼるワンタッチラダーに大喜び!両手を離してピースサインも。
ノコギリで木を伐り、みんなでロープを引っ張ると、「ドドドォー!」と
勢いよく木が倒れ、拍手かっさい!

切り株から上を見あげると「わぁー、明るい!」
ぽっかり開いた空から森に光が差し込み、感激の様子でした。

後半、暑さのせいもあって少し疲れてしまった子もいましたが(実は、私もバテバテでした(^^ゞ)、それでも実際の森を目の当たりにし、自分達で間伐したという体験は、きっとよい思い出になったんではないかと思います。

みなさん、お疲れ様でした!!!


この森の健康診断を通じて、大人も子どもも、みんなが森の現状を理解し、森の大切さに気づいてほしい、そして、その思いを周りの人にも自らの体験として伝えていってもらいたい、と思います。

「気づきと学びの連鎖」

これが森の健康診断です。それが、日本の森を守っていくことにつながっていきます。

こどもの森の健康診断 | permalink | comments(0) | -